生活習慣を正すには

悪い生活習慣を続けていると、思わぬ大病にかかってしまうことが多くあります。例えば偏りのある食生活、タバコやお酒なども生活習慣に当りますし、ストレスや睡眠不足などもそれに該当していきます。

なぜ、これらの生活習慣が大病を引き起こしてしまうのでしょうか。
その理由で最も大きいのは、これらの習慣が行われ続けることで、病気が引き起こされるリスクが上がるからなのです。恐ろしいことですね。
みなさまも聞いたことのある、生活習慣と関連の深い病気は「成人病」ではないかと思います。成人病とは、「成人病とは主に、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全死因の中で高位を占め、40-60歳の働き盛りに多い疾患である」という規定がなされています(昭和32年に開催された成人病予防対策協議連絡会の議事録より)。
ですが、最近の生活習慣病、成人病は変わってきています。
40〜60歳の人間だけではなく、20代や30代、果ては10代までの人間が、成人病の危険性をはらんでいるのです。
現代の若者のお昼はファーストフードや外食などがほとんどで、家に帰ってもコンビニご飯などと云うことも多くあるようです。そのような食生活では、栄養の偏りが生じますし、それによって引き起こされるリスクも上がるように思います。生活習慣病にかかってしまうことにより、早々に病気が発症、引いて平均寿命の短縮にもつながっていきます。

さて、平均寿命の話が出ましたね。
平均寿命と云うのは、各年齢の死亡率によって決定されるのをご存知でしょうか。
わが国日本では、平均寿命が他の国よりも現在高くなっています。そこに関わってくる要因は、男女関わらず、60歳以上における死亡率の改善なのです。医療が進んだことにより、病気を治したりいろいろとサポートする力に長けた日本で、超高齢者社会になっていくのは目に見えています。ですが、一方、若者の死亡率の改善というのはあまり変わっていません。生活習慣病による突然死などはどうやっても防ぐことができないからです。

それではどうやって、生活習慣病を予防すればいいのでしょう。
それには、バランスの取れた栄養をとることが不可欠です。ですが、なんにせよ、食べすぎはいいことがありませんよね。脂っぽいものは太ってしまいますし、胸焼けや胃のもたれにつながりますから、出来るだけ控えます。

そして、お酒はほどほどにしましょう。ビールはプリン体のせいで、痛風になりやすいのです。そしてもうひとつのデメリット。お酒を飲むと、おつまみが欲しくなりますよね。脂肪分のあるものと一緒にお酒を飲むのはよくありません。

 

ページのトップへ▲

メタボ情報
トクホ食品を活用する理由
体験談でやる気になる私
健康とダイエットの両立
メタボの予備軍
糖尿病の危険
メタボで危険な事
生活習慣を正す
メタボ解消に効果的
肥満にならない食事